構造化データとは?メリットデメリットや実装方法まとめ!

構造化データとは
構造化データとは、ホームページやブログの情報を、検索エンジン(Google)に分かりやすく伝えるためのタグ情報です。

Googleは創業当時から「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」と理念を掲げ、常に検索ユーザーの為に、利便性と有益性を求めています。

しかし、検索エンジンはネットをクローラーして、見つけたサイトのHTMLを読んでも、その内容は単なる”文字列”や”記号”としか認識できませんでした。

そこで、構造化データをHTMLの中に記述することで、検索エンジンはサイトコンテンツ内容を把握しやすくなりました。

そして、Googleは把握した検索情報を、口コミ評価(★の数)やお店の名前、住所などを、リッチスニペットとして検索結果に表示することが可能になったのです。

構造化データの仕組みについて|Google検索セントラル
https://developers.google.com/search/docs/advanced/structured-data/intro-structured-data?hl=ja

この記事では、構造化データを導入する際のメリットやデメリット、そして導入方法を詳しく解説していきます。

構造化データの概念と、実装する目的

プログラミング画面

構造化データは、『セマンティックWeb』という考えの元に構築された記述です。

セマンティック・ウェブ(英: semantic web)は W3C のティム・バーナーズ=リーによって提唱された、ウェブページの意味を扱うことを可能とする標準やツール群の開発によってワールド・ワイド・ウェブ[1]の利便性を向上させるプロジェクト。セマンティック・ウェブの目的はウェブページの閲覧という行為に、データの交換の側面に加えて意味の疎通を付け加えることにある。

セマンティック・ウェブはXMLによって記述した文書にRDFやOWLを用いてタグを付け加える。この、データの意味を記述したタグが文書の含む意味を形式化し、コンピュータによる自動的な情報の収集や分析へのアプローチが可能となると期待されている。

引用元:セマンティック・ウェブ – Wikipedia

このセマンティックWebの考えの元、検索エンジンにサイトコンテンツの内容を把握させる方法として、『構造化データ』が必要となります。

つまり、Googleが構造化データを推奨している理由は、蓄積した構造化データを『検索情報』として提供することで、検索ユーザーの利便性向上を目指しているのです。

構造化データのメリット

HTML内に構造化データを記述することで、SEO対策になる』、と言われている2つのメリットがコチラです。

  • 検索エンジンがサイトコンテンツを認識しやすくなり、インデックス化が促進される
  • 検索結果に『リッチスニペット』が表示されるようになる

この2つについて、詳しく説明します。

検索エンジンがサイトコンテンツを認識しやすくなり、インデックス化が促進される

上でも書きましたが、構造化データをHTML内に記述することで、検索エンジンはそのサイトコンテンツを、より正確に把握することができます。

例えば、『ポム』というブログがあり、運営者は『AAA』、ブログURLは『https://pomu~.com』とします。
htmlでは下記のように記述されます。

<div>
<p>ブログ名:ぽむ</p>
<p>運営者:AAA</p>
<p>URL:https://pomu~.com</p>
</div>

このHTMLの内容は、構造化データの有無によって、検索エンジンの理解度は下の図のように変わります。

構造化データ:非対応 ✕構造化データ:対応 ○
ブログ名ポム運営者AAAブログURLhttps://pomu~.comブログ名:ポム
運営者:AAA
ブログURL:https://pomu~.com

構造化データに対応していない場合、検索エンジンが読み取れるのは、文字列としてのテキストだけです。

反対に構造化データに対応していると、ブログ名はポム、運営者はAAA、ブログのURLはhttps://pomu~.com、と人間が理解するように、検索エンジンも1つずつ把握します。

たったこれくらいか、と思われたかもしれません。

しかし、『同じ内容を書いている記事ページが、複数あった場合』を想像してみてください。

同じ内容であれば、Googleは記事を2つともインデックスする必要はありません。どちらか1つで足ります。

となると、構造化データが記載されていない単なる文字列だけのブログと、構造化データによってコンテンツを詳しく把握できているブログ。

Googleはこの2つのブログ記事の、どちらをインデックスしようとするでしょうか?

同じ記事内容であれば、Googleは内容をより把握できている記事ページをインデックスした方が、検索ユーザーにとって有益性が増すと考えるでしょう。

従って、構造化データが記述されたページの方が、インデックス化が促されていくことになります。

検索結果に『リッチスニペット』が表示されるようになる

構造化データを記載すると、検索結果ページに『リッチスニペット』が表示されることがあります。

下図はGoogleで『動物園』と検索した検索結果画面になります。ちなみにWeb検索した場所は、埼玉の大宮です。

この詳しく表示されている内容の部分を『リッチスニペット』といい、構造化データによって検索エンジンの蓄積された情報が表示されます。

『動物園』と検索しただけなのに、検索した場所(埼玉)に近い動物園ばかりがヒットしたのも、動物園の住所を検索エンジンが把握していたからです。

そして、リッチスニペットは上の図の通り、検索結果画面に大きく表示されます。

これによって競合サイトに差をつけ、検索ユーザーの目にとまりやすくなり、クリックの増加が見込まれます。

構造化データのデメリット

サイバー画面

構造化データは、メリットだけでなくデメリットもあります。

メリット・デメリットをしっかり吟味して、サイトに導入するべき否か、考える必要があるでしょう。

構造化データの専門知識が必要になり、工数がかかる

HTMLの中に構造化データを記載するためには、構造化データ専用のマークアップをしなければなりません。

しかし、マークアップする記述方法は、『Microdata』『RDFa Lite』『JSON-LD』と3種類あり、それぞれ記述形式が異なっています。

さらに、この記述方法や内容は、定期的に更新されてタグの数が増えたりするため、都度、更新内容をチェックして必要であれば修正追記する手間が発生します。

もちろん構造化データを作成するためには、自ら勉強して専門知識を身につける必要があります。

当たり前ですが、トライ&エラーを繰り返すので、制作工数や時間がたくさんかかります。

構造化データを導入してもコストに見合う収益が不透明

構造化データのメリットとして、『コンテンツのインデックス化が促される』ことをあげましたが、これは必ずインデックスされるという訳ではありません。

大前提として、Googleは検索エンジンがクロールして有益だと判断したコンテンツページを、インデックスして検索結果ページに表示します。

そのため、元から文字数が少なかったり、内容が薄いコンテンツは、構造化データがHTMLに記述されていたとしても、インデックスされにくいのです。

また、『リッチスニペット』の表示も、検索結果画面で必ず表示されるというわけではありません。

構造化データ導入を外注していれば、その分だけコストが多くかかりますので、その出費に見合うだけの収益が必要です。

制作工数や外注コストに見合うだけのメリットの不透明さが、構造化データの導入をためらうデメリットでしょう。

構造化データの定義と記述方法

サイトコンテンツ内に構造化データを記述するとき、定義のことを『ボキャブラリー』、記述方法のことを『シンタックス』と言います。

そしてGoogleがサポートしているボキャブラリー(定義)は、Google、Yahoo!、Microsoftが策定を進めてきた「schema.org」という規格があります。
この規格は一般的に「スキーマ」と呼ばれています。

また、Googleがサポートしているシンタックス(記述方法)は、下記の3つです

  • Microdata
  • RDFa Lite
  • JSON-LD

つまり、構造化データは「schema.org」で定義され、「Microdata・RDFa Lite・JSON-LD」のどれかで記述されることになります。

この3つの中で、Googleが推奨しているのが「JSON-LD」です。

「JSON-LD」は後発のシンタックス(記述方法)ですが、Googleが推奨しているため、今後、伸びてくることが見込まれます。

構造化データを実装する方法

構造化データをサイトコンテンツに導入する方法は、以下の3つがあります。

  1. HTMLに手動でマークアップする
  2. 構造化データマークアップ支援ツールを使う
  3. WordPressサイト・ブログであればプラグインを使う

3つとも構造化データの専門知識が必要ですが、実装するページを絞ったり、構造化データにする項目を目的によって限定することもできます。

サイトコンテンツに合わせて、必要な項目を構造化データとして実装していくとよいでしょう。

01 手動でHTMLをマークアップする

これは人の手で直接、HTMLにマークアップしていく方法です。

例えば『パンくずリスト』であれば、下記のようにトップページからの階層全てをマークアップします。
シンタックスはJSON-LDです。

▼パンくずリスト
Books > Science Fiction > Award Winners

<script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "BreadcrumbList",
      "itemListElement": [{
        "@type": "ListItem",
        "position": 1,
        "name": "Books",
        "item": "https://example.com/books"
      },{
        "@type": "ListItem",
        "position": 2,
        "name": "Science Fiction",
        "item": "https://example.com/books/sciencefiction"
      },{
        "@type": "ListItem",
        "position": 3,
        "name": "Award Winners"
      }]
    }
    </script>

※引用元:https://developers.google.com/search/docs/advanced/structured-data/breadcrumb?hl=ja

1行目にシンタックス「JSON-LD」を宣言し、3行目にボキャブラリー「https://schema.org」と定義しています。

そして、パンくずリストの階層をすべてマークアップしていきます。

02 構造化データマークアップ支援ツールを使う

手動で構造化データをマークアップするのは、工数がかかったり、ミスが起こります。

そこでGoogleの支援ツールを使うことで、構造化データのマークアップがいくらか簡単になります。

構造化データマークアップ支援ツール
https://www.google.com/webmasters/markup-helper/?pli=1
構造化データマークアップ支援ツール

❶まず、マークアップしたい項目を選択して、構造化データを実装したいページのURLを入力し、「タグ付けを開始」ボタンを押します。

構造化データマークアップ支援ツール マークアップ

❷ページ上でマークアップしたいテキストや画像を選択し、タグの項目を選んでいきます。項目を選ぶと右側の「マイデータアイテム」に追加されていきます。

マークアップの選択が終わったら、右上の「HTMLの作成」ボタンを押します。

構造化データマークアップ支援ツール マークアップ JSON=LD
❸マークアップされた構造化データのソースが自動で作成されます。このソースを構造化データを実装したいページのHTMLに、追記してください。

追記する場所は、<head></head>、<body></body>のどちらの中に記述しても問題ありません。

03 WordPressサイト・ブログであればプラグインを使う

WordPressで造られたホームページやブログであれば、構造化データを自動でマークアップしてくれるプラグインを使うことができます。

上で説明した手動や支援ツールのマークアップと違って、プラグインであればページの内容が変わっても自動で更新してくれます。

なので、1度設定すれば、メンテナンスの工数を省けるメリットがあります。

【 構造化データのプラグイン 】

  • Markup (JSON-LD)
  • Schema
  • Business Profile
  • WP SEO Structured Data Schema
  • Schema & Structured Data for WP & AMP
  • Schema App Structured Data

プラグインには有料・無料があり、各プラグインによってマークアップできる内容やシンタックス(記述方法)は変わってきます。

そしてWordPress特有のデメリットが、使用テーマとプラグインの相性です。

テーマと相性が悪いプラグインは、構造化データを実装することが出来ないだけでなく、ページのデザインを崩すこともあるので、プラグインの実装には注意が必要です。

検索エンジンに構造化データが読まれているか確かめる方法

ノートパソコン

HTMLに構造化データをマークアップした後は、正しくマークアップできているか必ず確認しましょう。

マークアップミスをしていると、検索エンジンはコンテンツ内容を把握できず、検索結果やリッチスニペットに情報を反映できません。

実装した時は勿論ですが、その後も、定期的にエラーが出ていないかチェックしましょう。

構造化データの確認方法は以下の2つがあります。

  1. リッチリザルトテストで確認する
  2. Googleサーチコンソールで確認する

それではこの2つのチェック方法を詳しく解説します。

01 リッチリザルトテストで確認する

Googleが提供している『リッチリザルトテスト』で、マークアップが出来ている項目数と詳細を、確認することができます。

リッチリザルトテストページを開き、構造化データをマークアップしたページURL、またはhtmlソースをペーストして、オレンジになった「テスト」ボタンを押します。

リッチリザルトテスト画面

問題がなければ、テスト結果で検出された構造化データの個数と項目を確認できます。

リッチリザルトテスト画面

02 Googleサーチコンソールで確認する

サイトページとGoogleサーチコンソールを連携させている場合は、サーチコンソールページでエラーがないか、確認することができます。

Googleサーチコンソールの画面を開き、左側のメニューに『拡張』という項目があります。

下の図ですと、「パンくず」「画像のライセンス」「ロゴ」「サイトリンク検索ボックス」が、サイトページの構造化データです。

しかし、正しくマークアップされていないとエラーがでます。

このエラーが0になれば、正しくマークアップされているということです。

もしエラーが出ましたら、詳細を確認することで、どこがマークアップミスしているのか書かれています。

マークアップを修正して、サーチコンソールに確認申請を投げると、Googleが修正をチェックしてくれます。

まとめ|構造化データはSEOに影響する

SEO

Googleは構造化データを実装することで、検索順位に影響があるとは明言していません。

しかし、ページの情報を検索エンジンに正しく伝えることで、Googleからインデックス化が促進されます。

さらに、検索結果でリッチスニペットとして大きく表示されることで、より多くの人の目に留まりやすくなり、サイトに訪問してくれるユーザー数が増えるきっかけになります。

検索結果ページからホームページへの訪問者を増やすことが、SEO対策の目的の1つです。

この観点から、サイトコンテンツへの訪問者を増やすきっかけとなる構造化データは、SEO対策と言えるでしょう。

関連記事

構造化データとは、検索エンジンのクローラビリティが向上し、コンテンツの内容を詳しく伝えることが出来るようになります。 また、検索エンジンに伝えられる構造化データの種類は様々ですが、種類によっては検索結果画面で『リッチスニペット』として表示さ[…]

ロボット AI