見出しh1とタイトル(title)の違いを理解して、初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

見出しh1とタイトルってどう違うの?
SEO対策ってよく聞くけど、どういうことなんだろう?
初心者にはSEO対策は難しいのかな?
どうすればGoogle検索で上位表示を狙えるんだろう?

この記事では、そんな疑問を初心者の方でも分かりやすく解説し、すぐに実践できるSEO対策をまとめています。

SEO対策して、検索結果で上位表示を目指せます!

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」といいます。

簡単に言うと、『Googleの検索エンジンにそのサイトがどんな内容のサイトなのか、理解しやすいようにサイトを構築すること』です。

では、Google検索ボットに理解しやすいサイトにしたらどうなるのか?というと、まずGoogleの検索エンジンにとって理解しやすいサイトほど、Googleは評価を高くします。

そして誰かがGoogle検索を使って疑問を検索したとき、検索キーワードにヒットした数多くのサイトの中でも、評価の高いサイトを検索順位の上位に表示するのです。

反対にGoogleの評価の低いサイトは検索順位の下位の方に回すので、検索訪問者がご自身のサイトを訪問する機会は減ります。

Google検索で上位に表示されるほど、訪問者の目に留まりやすくなり、サイトに来てくれる人が増える機会は多くなるのです。

これらの『Google検索で上位に表示されるようにして、サイトへの訪問者の数を増やす対策』のことを、『SEO対策』と言います。

もっと極端に言ってしまえばーーーー

SEO対策=『サイトに来てくれる訪問者を無料(タダ)でたくさん増やす対策』です。

広告を出せばサイト訪問者は増えるかもしれませんが、広告を出すお金が当然かかってしまいます。
しかし、自然流入(検索を使ってサイトに来てくれた訪問者)であればお金はかかりません。

できればお金をかけずに、サイトに来てほしいのが本音です。
なのでSEO対策を頑張るのです!

では、実際に初心者でも今すぐに実践できる簡単なSEO対策について解説します。

初心者でもすぐにSEO対策できる『タイトル』と『メタディスクリプション』!

Google検索ページを使ったときに表示される検索結果ページを参考に説明します。

「SEO」で検索したとき、Google評価上位のサイトが表示されます。

この赤く囲った部分が「SEOタイトル(title)部分」になります。

そして青く囲った部分を「メタディスクリプション」と言います。
メタディスクリプションとは、ページ内にどんなことが書かれてあるのかまとめた要約文ですね。

Google検索はこの2つの部分だけを、検索結果ページに表示し、タイトルとメタディスクリプションの2つ部分をまとめて「スニペット(切れ端)」と言います。

そして訪問者も、この短いスニペットだけを判断材料にしてサイトを訪問することになります。

このGoogle検索に表示される『タイトルと補足説明部分』が、いかに訪問者の目に留まり刺さるかどうかで、サイト訪問者数は増えたり減ったりするのです。

この場合、実際に訪れたサイト内のページの良し悪や、内容の充実さはあまり関係ありません。

なので初心者の方でも、このタイトルとメタディスクリプション部分からでしたら、SEOの知識があまりなくてもすぐに対策しやすいポイントになります。

SEO対策その1 | タイトル部分にキーワードを3つ入れる。

まずタイトルには2種類あります。

それは『ページ内の見出しタイトル(h1)』と『SEO部分のタイトル(title)』です。

同じ1つのページなのにタイトルが2つあるとか意味分からないですよね。
自分もそうでした。

では2つのタイトルがどこを指すのかというと、

 

■ページ内の見出しタイトル(h1)

h1とは実際に訪問したページに表示されている見出しタイトルのことです。

この記事でしたら、h1タイトルは赤い四角で囲った下図の部分になります。

 

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

■SEO部分のタイトル(title)

Google検索結果ページに表示されるタイトル部分のことです。

この記事でしたら、SEO部分のタイトル(title)は下図の部分になります。

 2つのタイトルは、ページに訪れた人用と、検索用のタイトルになります。
 また、この2つのタイトルは別々のタイトルにすることもできますが、基本的に同じにしておきましょう。

 Aというタイトルを見てサイト訪問したのに、実際のページはBというタイトルだったら、訪問者がびっくりして即ページから去ってしまいます。

実際のhtmlソース上のh1タグとtitleタグの違いは、下記になります。

htmlソース部分のキャプチャです。
同じタイトルでも2か所入っています。

タイトルキーワードの選定方法 | ラッコキーワード

SEO対策したタイトルにするためには、まずキーワード選定しなくてはなりません。

そこでキーワードの選定に無料で利用できるのが「ラッコキーワード」というサイトになります。

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

ラッコキーワードのサイトに行き、タイトル部分にある真ん中の検索ボックスに、調べたいキーワードを入力してください。

今回は例として「SEOとは」を入力し検索します。

すると、Google検索で「SEOとは」と検索したとき、一緒に検索されているキーワードがでてきます。

しかし、これらは「あいうえお順」or「A-Z順」です。

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

次に左側にある『見出し抽出』をクリックします。

すると実際にGoogleで検索したときの上位表示の見出しが、順位づけされてでてきます。

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

これがGoogle検索で1ページ目に上位表示されているサイトや記事のタイトルです。

これを参考に「SEOとは」以外のふたつのキーワードを決めます。
訪問者が「SEOとは」と一緒に検索する頻度の高いワードを探るわけです。

各上位表示タイトルの中から、キーワードの頻出数を調べ、重要度の高いワードを抽出するために「専門用語(キーワード)自動抽出サービス「言選Web」へようこそ」というサイトを使います。

重要キーワードの選定方法 | 専門用語(キーワード)自動抽出サービス「言選Web」へようこそ

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

サイトを開きましたら、ラッコキーワードで抽出された検索上位表示で10位くらいまでのタイトルをざっとコピーして、「言選Web」の①のところに貼り付けます。

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

次に、②のところをプルダウンで「重要度つき」を選択し、③の「専門用語(キーワード)抽出」をクリックします。

すると、貼り付けたワードの中から頻出する単語順に並べてくれます。

SEOとは?初心者でもできるSEO対策で上位表示を狙う方法!

右側の数字が頻出する重要度を示す数字になります。

今回は「SEOとは」という単語を第1ワードにラッコキーワードで調べているので、当然「SEO」が最も頻出の多い24.49になります。

では、残り2つのキーワードをこの中から選べばいいわけです。もちろん全く関係ないワードが紛れ込んでしまう場合もあるので、それは除外します。

自分はこれらの抽出ワードの中から、初心者」「上位表示を選びタイトルに入れました。

こちらですね。
キーワードを選定するとき、「そのキーワードで記事が書けるのか?」ということも念頭に置いて選ぶのをおススメします。

いくら重要度の高いキーワードを選んでも、そのキーワードについて記事で説明できなければ意味がありません。

3つのキーワードが決まったら、それを含むタイトルにしましょう。

タイトル部分の30文字部分より前にキーワードを入れます。

キーワードを入れる位置も重要です。
タイトルの長さは長くても40文字くらいになっても構いませんが、キーワードは必ず30文字以内に入れます。

その理由は下のスクリーンショット画像を見てください。

スマホで見たGoogle検索結果の表示画面になります。

タイトルはどんなに長くても2行しか表示されず、それ以上長い場合は「…」になっています。

なので、消えてしまう「…」部分に重要キーワードを入れても、Google検索結果ページには表示されず、訪問者には見えないのです。

これではせっかくタイトルにキーワードを入れても意味がありません。

重要キーワード3つは、必ずタイトルの30文字より前に入れるようにしましょう!

SEO対策その2 | メタディスクリプション

Google検索のとき表示されるメタディスクリプションの役割は

 

  • Google検索エンジンにどんなページなのか要約して伝える。
  • 狙った重要キーワードを載せた文章を載せて、訪問者のクリック率をあげる。

このふたつです。
仮にメタディスクリプションを入れないと、Google検索は自動でページ内の文章を載せてしまいます。

無いよりはマシかもしれませんが、クリック率が下がる原因になるようなメタディスクリプションが表示されていたら、しっかり書く必要があります。

このときにもタイトルのキーワード選定で使った「言選Web」の重要ワードを入れたり、実際の記事を要約した説明を120文字以内で書きましょう。

さらに、これもタイトルの時と同様、検索結果画面で表示されて訪問者の目に留まるために、重要なキーワードを含めた文章は60文字以内に入れます。

 

実際に記事をネットにアップしたあと、スマホでメタディスクリプションがどういう風に表示されているのか、一度確認するのが分かりやすいです。

メタディスクリプションの入れ方

WordPressで作られたサイトやブログでしたら、ページごとにメタディスクリプションを入れる項目があるので、そちらに入力します。

記事事に毎回メタディスクリプション入れるのは面倒でしたら、「ALL in one SEO」などの自動でメタディスクリプションを入れてくれるプラグインを使うと便利です。

html/CSSで作られたサイトでしたら、htmlソースの<head>内にメタディスクリプションを入れましょう。

まとめ | SEO対策は初心者の方でもできます

SEO対策という言葉は知っていてもよくわからない、どうすればいいのか分からないという初心者の方でも、すぐに実践できるSEO対策はあります。

ありとあらゆるSEO対策をしないといけないという訳ではありません。

できるところから対策をしていくことで、Googleの評価が少しずつ上がり、検索ページの上位に表示されるようになります。

この記事で説明したSEO対策は『コンテンツSEO』と『内部対策』に分類されるものになります。

コンテンツSEO
  • キーワード選定
  • 競合の分析
  • コンテンツ作成

 

タイトルとディスクリプションのSEO対策はこれでできるようになりました。

しかし訪問者の方がページに来てくれたとしても、ページの内容が少なかったり、訪問者の目的を解消できなけれ、すぐに訪問者は去ってしまいます。

そうならないためにも、次は『ページの中身』を充実させる必要があるのですが、ページの内容にも、上で「言選Web」で選定したキーワードを、見出しh2やh3に入れることでSEO対策の効果をあげられます。

SEO対策の方法は、これ以外にもたくさんあります。

1つ1つ対策を実践していき、Google検索で上位表示を目指しましょう!

関連記事

SEO対策って具体的にどんな種類や方法があるんだろう?SEO対策をしようにも、何からすれば分からない。内部対策とコンテンツSEOの違いってなんだろう?外部対策ってどういうことをすればいいの? サイトやブログへの訪問者を増やすための対策[…]

【SEO対策の基礎】SEO対策の種類と違いを解説!