FP試験|株式指標『PER・PBR・ROE』の簡単覚え方!

FP試験|株式指標『PER・PBR・ROE』の簡単覚え方!

ファイナンシャルプランナーの試験では、株式指標がどれくらいなのか?を求める問題が出題されます。

慣れない株価用語に、初めは戸惑うかもしれません。

しかし、コツさえつかめば簡単に覚えられますので、是非覚えて試験に合格しましょう!

PER、PBR、ROEとは?それぞれの意味と計算式

株式指標であるPER・PBR・ROEは、株価の基本的な考え方です。

この指標を元に、その株が割高なのか、割安なのかを、数字で判断できます。

PER(株価収益率)

PER(株価収益率)とは、Price Earnings Ratio=プライス アーニングス レートの略です。

その時の会社の株価が、1株当たりが純利益の何倍になっているか、を示す指標です。

  • Price:株価(1株の価格)
  • Earnings:収益(1株が生み出す収益)
  • Ratio:比率

このPERの数値が高いほど、株価は割高となり、逆に低いと割安になります。

PERは株価の収益面から評価するので、その時の収益が低くても、将来期待できる株は株価が高くなり、結果として割高になる傾向があります。

日経平均ですと、PERが15倍程度なら、適正な株価であると言われています。

計算式 EPS(Earnings PER Share)【1株当たりの当期純利益(円)】=税引後当期純利益÷発行済株式総数 PER(Price Earnings Ratio)=株価÷1株当たりの純利益(EPS)

PBR(株価純資産倍率)

PBR(株価純資産倍率)とは、Price Book value Ratio=プライス ブック バリュー レートの略です。

株価が、『1株あたりの純資産』の何倍に相当するか、を示す指標です。

  • Price:株価(1株の価格)
  • Book value:簿価(純資産)
  • Ratio:比率

PBRが高ければ割高となり、低ければ割安と考えられます。

判断基準は、もしPBRが1倍以上であれば、株式会社が解散した時、株主に投資額がそのまま戻ってくる株価ということです。(理論上)

一株当たり純資産(円) = 純資産 ÷ 発行済株式総数 PBR(Price Book value Ratio)=株価÷1株当たり純資産(BPS)

ROE(自己事本利益率)

ROE(自己資本利益率)とは、Return On Equity=リターン オン エクイティの略です。

株主たちが企業に拠出した自己資本(純資産)を使い、その企業がどれくらいの利益を出したか、という指標です。

  • Return:リターン利益
  • On:~上の
  • Equity:自己資本

ROEは利益をどれくらいだしているのかを見るので、数字が高ければ高いほど良い傾向になります。

規準となる一般的な目安は10%ほどで、20%を超えると優良企業と評価されることが多いです。

ROE自己資本利益率(%)=(当期純利益÷自己資本)×100

PER・PBR・ROEの覚え方とコツ

PER・PBR・ROEは似たようなアルファベットの略で、どれがどれなのか混乱しやすい単語です。

そして、ファイナンシャルプランナーの本試験でも、ひっかけ問題として頻出する分野ですので、しっかり区別しておきましょう。

特に間違えやすいのが、PERとPBRです。

どちらが株価収益率(PER)で、どっちが株価純資産倍率(PBR)なのか、ごっちゃになりがちですが、覚えるポイントは下記です。

▼結論▼

PERのEが、収のEとさえ覚えていれば、残りのPBRとROEはどうにかなる

では、なぜPER(株価収益率)さえ覚えておけばいいのか?というと、PER・PBR・ROEのそれぞれの覚え方はこのようになっています。

  • PERのEは、収のE
  • PBRのBは、簿価(純資産)のB
  • ROEのOは、Onore=己(自資本)のO

上から、収益、資産、自己資本です。

となると、一番上のPERのEさえ判断できれば、下のふたつ(PBR、ROE)は判断しやすくなります。

PER・PBR・ROEの計算例題

実際にファイナンシャルプランナーの試験で計算するときは、下記のようになります。

PER(株価収益率)

<例題>
株価300円、税引後の当期純利益が20億円、発行株式数が1億枚の場合

EPS=20億円÷1億枚数=20円

PER=300円÷20円=15倍

PBR(株価純資産倍率)

<例題>
株価300円、純資産100億、発行株式枚数が1億枚の場合

BPS=100億÷1億枚=100円

PBR=300円÷100円=3倍

ROE(自己資本利益率)

<例題>
税引き後の純利益が20億、自己資本が100億の場合

ROE=(20億÷100億)×100=20%

関連記事

ファイナンシャルプランナー(FP)の本試験で、毎回頻出される問題で、以下のような実技計算があります。 6つの係数のグラフ 債券の利回りの計算式 株式投資指標の計算式 社会保険等 路線価の計算式 老齢基礎年金等 自分もFP2級、3級の試験[…]