【超初心者向け】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法

Googleサーチコンソールの 登録方法

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは?

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、Googleに登録しているサイトの検索流入数やキーワードごとの平均掲載順位、検索結果のクリック率を知ることができたり、サイトのエラーを検出して通知してくれたりするGoogle提供の無料の解析ツールです。

同じような解析ツールにGoogle Analytics (グーグルアナリティクス)がありますが、ふたつの違いは

【Google Search Console】
⇒サイトへ流入前のユーザーの動き(どんなキーワードで検索しサイトをみつけたのか?など)を見ることができます。
【Google Analytics】
⇒サイトに訪問した後のユーザーの動き(どのページを見て、次にどのページに関心をもってページ遷移したのか?など)を見ることができます。

流入前、流入後のユーザーの動きを解析することで、サイト内のコンテンツを改善して最適なサイト作りができます。

Google Search Consoleにサイトを登録しましょう。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)に、訪問してくれたユーザーの動きを教えてもらうためには、解析したいサイト(URL)をグーグルサーチコンソールに登録しないといけません。

なのでグーグルサーチコンソールにサイトを登録します。
作業はとても簡単です。10分もからないので、サクッと登録しちゃいましょう。

できれば、先にGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)に登録してから、グーグルサーチコンソールを登録することをおすすめします。
必ず同じアカウントで登録しましょう。

理由はサーチコンソールとアナリティクスを一緒に紐づけることができるからです。アナリティクスが未登録の場合、あとで登録する手間が増えます。

まだグーグルアナリティクスに登録されていない方は、下記の記事をご参考に登録してみてください。(10分くらいです)

関連記事

GoogleAnalyticsを設置するメリット サイトやブログ解析ツールとして有名なのが『Googleアナリティクス』です。 しかし、実際にどんなことができるのかというと 自分のサイトやブログにどれくらいの人が訪問(アクセス)し[…]

Googleアナリ初心者でも簡単!ティクスの 簡単設置方法

01 登録手順 | Search Console のサイトにアクセス

事前に Google のアカウントを作成し、ログインした状態で、下記のボタンから Search Console のサイトにアクセスします。

02 登録手順 | Search Console のサイトにアクセスします。

サイトの登録には、『ドメイン』と『 URL プレフィックス』の2つの方法があります。今回はサイト全体のページを登録したいので、『ドメイン』での登録で進めていきます。
(『 URL プレフィックス』は、URL 1つずつでの登録が可能になっています。)

①ご自身のサイトのサブアドレスを入力します。
 (https://の頭の部分は入れません)
②『続行』をクリックします。

03 登録手順 | ドメイン(サイト)の所有権の設定

『続行』を押すと、下記のようなポップアップウィンドウがたちあがります。『コピー』ボタンを押して『 TXT レコード』をコピーします。

ご自身が契約しているサーバー契約しているプロバイダにログインをし、上でコピーした『 TXT レコード』をDNS 設定に貼り付けます。
(サーバー側とサーチコンソールを紐づけます。)

自分が契約しているサーバー『ConoHa』をですとDNS設定画面は下記になります。
契約しているサーバーによって設定画面は違うのですが、項目はどこもほぼ同じですので、簡単設置できます。

サーバーの管理画面からDNS設定画面をひらきます。
サーチコンソールに紐づけたいドメインを選び、項目追加ボタンを押します。

①タイプを選ぶプルダウンが出てくると思いますが、必ず『TXT』を選びましょう。
②コピーした『 TXT レコード』を貼り付けます。
③『保存』ボタンを押します。

04 登録手順 | 『 TXT レコード』を設定したドメインをコンソールに確認させます。

サーチコンソール画面に戻り、『確認』ボタンを押します。

これでグーグルサーチコンソールの登録完了になります。
お疲れ様でした。

無事にアナリティクスとコンソールがリンクすると、アナリティクスのタブ画面からサーチコンソールを見ることができます。
ちゃんとリンクしているか確認しておきましょう。

ついでにアナリティクスとサーチコンソールを紐づけましょう。

サーチコンソールを登録したついでに、アナリティクスと紐づけましょう。これも5分もかからない作業なので簡単です。

【Step 01】
サーチコンソールにログインします。

【Step 02】
同じアカウントでアナリティクスとサーチコンソールを登録していると、下記のような画面がでてきます。

右側の小さな▼ボタンをおします。

紐づけるドメインプロパティを選択します。

ポップアップウィンドウが立ち上がるので『続行』ボタンを押します。

最終確認画面が出てくるので「関連付ける」をクリックします。
これで完了です。

もしまだアナリティクスを設定されていない方も、アナリティクスを設定後にサーチコンソールにログインすると、同様に紐づけウィンドウが立ち上がると思うので、設定しておきましょう。

お疲れさまでした。

【番外】アナリティクスとサーチコンソールを、アナリティクス側から紐づける方法。

アナリティクスもサーチコンソールも登録設定したのに何故か紐づかない場合は、アナリティクス側の設定から手動で紐づけることができます。

【Step 01】
アナリティクスの管理画面にログインし、項目タブから「集客」→「Search Console」と進み、「Search Consoleのデータ共有を設定」ボタンをクリックします。

【Step 02】
「Search Consoleを調整」ボタンをクリックします。

【Step 03】
下の方に「Search Consoleのサイト」という項目があるので、「追加」ボタンをクリックします。

【Step 04】
紐づけたいサイトにチェックが入っていることを確認し、追加ボタンをクリックします。

これで手動でのアナリティクスとサーチコンソールの紐づけ完了です。
無事にリンクしていると、アナリティクスのタブからサーチコンソールを見ることができます。

まとめ | 最初は解析を見ることを癖付ましょう。

Googleサーチコンソールを設置すれば解析はできますが、解析画面に慣れず、数字のどこを見て改善していけばいいのか分かりません。
初めてコンソールサーチやアナリティクスを設置した人が、いきなり解析を完璧にできるということは不可能です。

なので、まずは数字を見ることを癖づけることから始めましょう。
そのうえでどこから訪問者が来ているのか、どんなキーワードでサイトがヒットしたのかなどを理解し、サイト改善を目指していきましょう。