FXでは毎回相場の天井や底を捉える事は不可能です

相場の天井や底を捉える事が出来ればFXで稼ぐことは容易ですが・・・

私のところにはよく、「為替相場の天井を見事に捉えました!」「天底を捉えるシステムがここにはあります!」などという広告が届くのですが、あなたのところにも届いていませんか?

確かに、その広告を見てみると、HP上の参考画像ではそう見えるものが多いのですが、大抵の場合には肝心な参考画像が少な過ぎるのです。

為替相場は1年間、週末を除けばほとんど休まず動いているにも関わらず、参考画像が少ない・・・
確かにHPスペースの都合上あまり画像を載せられないのかも知れませんが、中には2~3枚の画像しか載せていないサイトもあったのです。


もっとも、そのトレード手法でトレードを行った結果、偶然にも相場の天井や底を捉える事が出来たのかも知れませんが、果たして相場の天井や底を捉え続けられるシステムは存在するのでしょうか?

相場の天井や底を予測する事は難しい

毎回為替相場の天井や底を捉え続けられるトレード手法があればとても魅力的ですよね?
ただ、これは経験上ですが為替相場の天井と底を捉え続けられるトレード手法は見た事がありません。

そもそも、そのようなトレード手法があれば私どころかFXトレードをされている方のほとんどが今頃は億万長者になっているはずです。


そのため、相場の天井や底を捉えたという広告の実際のところは、結果として天井や底を捉えたのであって、

 

毎回天井や底でエントリーや決済する事など不可能です!
毎回天井や底でエントリーや決済する事など不可能です!

 

ここは非常に重要な事なのですが、この事を書いていない=毎回天井や底を捉えているというような錯覚を与えている広告が多いのが現状です。

広告なので見る人の関心を引くことを誇大広告気味に載せていることが大半です。広告の甘い言葉には乗せられないようにしましょう。

FXトレードの世界では頭と尻尾はくれてやれという格言があります

FXトレードの世界においては、

頭と尻尾はくれてやれ!

という言葉があるように、毎回天井や底でエントリーや決済する事など不可能なので、あなたも頭と尻尾の事は気にせず淡々とトレードしてください。

FXトレードのたびに、あまり頭と尻尾を狙いすぎていると肝心の決済ポイントを逃してしまい、結果「含み益→含み損」という事態になりかねませんので、この事は必ず守ってくださいね。

これは、私も何回か経験がありますが、含み益→含み損というこれほど悔しい事はありません。

今ではこういった事はありませんが、昔はこうなってしまうと、知らず知らずのうちに含み益になるまで我慢してしまい、結果大きな損失を出すといったケースが何回もありましたので注意が必要です。