【資格】ファイナンシャル・プランナーとは?お金の運用や税金対策、社会保障と幅広いお金のエキスパート!

ファイナンシャル・ブランナーとは?

お金や税金についての国家資格として「ファイナンシャルプランナー」を聞いたことがある方は少なくないでしょう。
資格としてだけでなく、生活していく上での『お金の教養』として認識されている方も多いと思います。しかし、どんな資格なのかというと曖昧です。

「ファイナンシャルプランナー」が何を学び、どんな時に役立ち、どんな資格なのか、詳しくご紹介します。

ファイナンシャルプランナーとはどんな資格?

ファイナンシャル・プランナー

まず『ファイナンシャルプランナー』の意味ですが、

ファイナンシャル=財政上の、会計上の、金銭上の、金融に関係する
プランナー=企画者、計画者

という意味になります。
いわばお金に関する専門家です。

そして『お金』にも様々な種類や形があります。紙幣や硬貨はもちろん、仮想通貨も『お金』の一種です。
そしてそれらのお金は常に経済を流動的に流れており、税金、株式、保険、銀行からの融資、教育や住宅ローンなど形を変えて存在しています。

ファイナンシャルプランナーとはこれらのお金について学び、知識を持って『お金の計画』を立てるのです。

ファイナンシャルプランナーになると、どう役立つの?

ファイナンシャルプランナーのになると、どう役立つの?

ファイナンシャルプランナーになれば、FP資格保有者として仕事やキャリアの一つとして役立つ以外に、ご自身の生活や生涯設計にも役立ちます。

ビジネス

会社に勤めている方であれば、社会保障として大きく「健康保険、労働保険、雇用保険」の3つを受けることができます。
とくにビジネスとしては金融系の銀行や保険会社、不動産業界では、業務上でFPの資産運用や税金の知識がおおいに役立つでしょう。

上記の業界への就職や転職でもFP資格を持っていれば即戦力として活躍が期待できることから、内定に優位になることが十分考えられます。

ご自身の生活や生涯設計

プライベート面では、将来設計や節税、老後の貯蓄や年金についてもFPのお金の知識は役立ちます。

人生の中には、様々なライフステージがあります。結婚し子供が生まれれば養育費が必要になります。マイホームを建てれば銀行から融資を受けて住宅ローンを受ける必要が出てくるしょう。

収入を得れば税金を支払う必要がでてきますが、仕事中にケガをしたり事故にあって障害が残れば、保険会社に補償金を申請したり、年金控除や給付金の申請しなければなりません。

それだけでなくご自身の老後に備えて、年金や貯蓄、資産運用を考える機会も増えます。
現代社会を生きていく上で、日々の暮らしから老後まで安心して暮らしていくために、お金についての知識は無くてはならないものです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取る方法。FP技能士とAPF/CFP。

ファイナンシャルプランナー(FP)には、『FP技能士』と呼ばれる国家資格と、『CFP』と『AFP』と呼ばれる民間資格の2種類があります。
どちらもお金に関する専門的な知識を学ぶ資格です。

国家資格である『FP技能士』には1級、2級、3級の3段階あり、試験は年に3回(1月・5月・9月)に行われます。民間資格である『CFP』と『AFP』は年に2回(6月・11月)に日本FP協会が実施しています。

資格のレベルは『AFP』がFP2級、『CFP』がFP1級と同水準となっています。

ファイナンシャルプランナーの資格
種類と難易度

どちらを受けてもファイナンシャルプランナーの資格として認められてますが、一生有効かつ更新なしの国家資格『FP技能士』と異なり、民間資格の『AFP・CFP』は有効期限があり、2年ごとに更新しなければなりません。

試験難易度はだいたいFP2級=AFP、FP1級=CFPと言われています。そして『AFP・CFP』は更新が必要ですが、メリットもあります。
『FP技能士』が日本国内のみ通用しますが、『AFP・CFP』は国際資格として通用しますのでグローバルな会社やビジネスシーンでは『AFP・CFP』が活躍するでしょう。

FPはお金に関すること全般(社会保障・運用・保険・税金不動産・相続)を学習します

ファイナンシャルプランナーは以下の6分野を重点的に学びます。

  1. ライフプランニング
    ライフステージごとの支出計算と社会保険など。
  2. 金融資産運用
    銀行口座・株・投資信託など。
  3. タックスプランニング
    税金対策。源泉徴収から所得税、所得控除など。
  4. リスク管理
    生命保険・損害保険・第三の保険(医療保険)など。
  5. 不動産
    不動産価値の評価方法や計算など。
  6. 相続・事業継承
    相続と控除、贈与税など。

6つのどの分野も人生のライフステージにおいて、重要なものばかりです。
社会保障の中には自ら申告・申請しないと控除や給付金を受けられないものがあるため、学習することで申告漏れをなくし、後々損をするというようなことがなくなります。

FPの試験申し込み方法と各級の受験資格要項

国家資格『FP技能士』は年に3回(1月・5月・9月)実施されます。
そして民間資格『AFP・CFP』は年に2回(6月・11月)実施されます。

資格試験の実施団体は以下の2団体です。

申込方法は、申し込み書類送付とインターネット申し込みができます。
FPの試験には、『FP技能士』『AFP/CFP』共に受験資格要項があり、この資格がないと申込しても受験できません。

試験を申し込む前に、しっかり受験資格要項を確認しておきましょう。

■2級・3級FP技能検定の受験資格

等級 受検資格 受検申請に必要な事項
3級 FP業務に従事している者または従事しようとしている者
2級 <次のいずれかに該当する者>
日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
(FP協会実施)

AFP認定研修の受講者番号(13ケタ)
※受検申請締切日までに、研修修了している者に限ります。

3級FP技能検定の合格者

3級合格番号
※合格証書または結果通知に記載。

FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者

勤務先名と経験年数
※自己申告のため証明書類は不要。

厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
(キンザイ実施)

合格証書(合格を証明するもの)のコピーを添付
※受検申請書のみ受付け可(インターネット申請不可)

■1級FP技能検定の受験資格

学科/実技 受験資格 受検申請に必要な事項
学科試験 FP2級技能検定合格者かつ、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者。 実務経験年数と、2級合格番号。
FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者。 実務経験年数を記入
厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者。(キンザイ実施) 合格した等級・コース名と受験した年月を記入
実技試験 1級学科試験の合格者 1級学科試験の合格番号
「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者。 勤務先名と実務経験年数を記入し修了証書の写しを添付
日本FP協会のCFP認定者 CFP認定カードの写しを添付
日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者 CFP資格審査試験の結果通知書の写しを添付

FP技能検定の3級はどなたでも受けることができます。
ですが、2級からは3級合格者であることであったり、2年以上の実務経験、AFP認定研修者であることなどの資格要件がでてきます。
1級に至っては実務経験が必須となり、学科に合格しないと実技は受けれません。さらに学科と実技で受験資格が別々に決められるので、より狭き門になっていきます。

FP試験受験費用 

FPの2級・3級試験は学科と実技が別々に実施され、二つ一緒に申し込むこともできますが、別々に申し込むこともできます。
例えば、学科だけを先に受けて合格してから実技を受けることができます。既に学科と実技を受験されて、残念ながら学科は落ちて実技を合格されている方は、学科だけを申し込んで受験することもできます。

また受験費用は2,3級まではFP協会・キンザイ共に同じですが、1級になると受験価格が異なります。(1級はいきなり高くなります。できれば一発合格したい……)

等級 試験種類 受検手数料(非課税)
3級 学科と実技 6,000円
学科のみ 3,000円
実技のみ 3,000円
2級 学科と実技 8,700円
学科のみ 4,200円
実技のみ 4,500円
1級
(FP協会)
学科のみ なし。
FP協会は1級学科は未実施
実技のみ 20,000円
資産設計提案業務
1級
(キンザイ)
学科と実技 33,900円
学科のみ 8,900円
実技のみ 25,000円
資産相談業務

振込手数料が別途発生しますので、ご注意ください。

FPの試験実施団体は『日本FP協会』と『金融財政事情研究会』の二つがあります。

国家資格『PF技能士』は日本FP協会と金融財政事情研究会(キンザイ)の2団体が実施しています。どちらの団体で受けても国家資格『FP技能士』として認められます。

学科試験の出題分野はFP協会・キンザイとも同じですが、実技試験の出題分野が異なります。

等級 学科実技 実技試験の選択科目 実施機関
3級 学科試験 金融財政事情研究会
日本FP協会
実技試験 個人資産相談業務 金融財政事情研究会
保険顧客資産相談業務
資産設計提案業務 日本FP協会
2級 学科試験 金融財政事情研究会
日本FP協会
実技試験 個人資産相談業務 金融財政事情研究会
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務
資産設計提案業務 日本FP協会
1級 学科試験 金融財政事情研究会
実技試験 資産相談業務 金融財政事情研究会
資産設計提案業務 日本FP協会

FPの試験はどれを受ければいいの?選択実技はどれを選ぶべき?試験によって優劣は?

FP技能士の試験は『FP協会』と『キンザイ』の2団体が実施してますが、実技試験で出題される選択分野が異なるだけで、資格としての優劣はありません。

金融財政事情研究会または日本FP協会のどちらが実施するファイナンシャル・プランニング技能検定を受検しても、合格すれば、1級ファイナンシャル・プランニング技能士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士または3級ファイナンシャル・プランニング技能士の国家資格を取得することができます。取得できる資格は同一です。

引用:⇒金融財政事情研究会 複数指定試験機関方式について

履歴書に資格を書くとき優劣があるのかとご心配される方がいらっしゃいますが、ご心配なく記入してください。

FP協会・キンザイのどちらを受けても構いません。
実技での選択分野が異なるため、ご自身の得意にしている分野で選んだり、合格率で選んでもOKです。

しかし、業種や入社される会社によって、実技試験の選択科目に注意がありますので、次の項目をご確認ください。

業種(仕事)によって、FPは昇進要件・資格手当対象になってます。

FPの資格は業種や会社によって、昇進要件になっていることがあります。
代表的なのは銀行員や保険の募集人、不動産業界ですね。会社側が推奨資格として社員に推奨していることが多いです。

理由はどれもお金に関することが業務内容に含まれるからです。銀行はお金を預かり、保険募集人は保険を売り、不動産関係は土地建物を取引します。
FPで学ぶことが仕事で非常に役立ちます。

また毎月資格手当が支給される場合があります。
資格手当の対象はだいたいFP2級以上がほとんどのようですね。(5000~10,000円程)

※注意

資格手当で注意しなければならない点として、FPの実務試験は選択分野が別れており、会社によっては実技試験の試験分野を指定しているパターンがあります。

例えばご自身が受けた試験が2級の「個人資産相談業務」であったのに、会社が指定しているのが「資産設計提案業務」であった場合、資格手当は支給されません。
それでも資格手当が欲しい場合は再度「資産設計提案業務」の実技試験を受けなおす必要がでてきます。

必ずご自身の会社の資格手当対象を確認してから試験を申し込むようにしましょう。

FP試験の合格率や難易度

試験を実施しているFP協会とキンザイで合格率が異なります。
合格基準は学科・実技共に、出題問題の6割取れれば合格ですが、出題問題が異なるため正誤率が変わってくるためです。

同じ分野でも、FP協会は広く浅く出題され、キンザイは狭く深く出題される傾向があります。

■2020年9月実施 FP3級技能検定試験 合格率

試験 合格率
学科:FP協会 89.6%
学科:キンザイ 69.28%
実技:資産設計提案業務(FP協会) 74.4%
実技:個人資産相談業務(キンザイ) 31.6%
実技:保険顧客資産相談業務(キンザイ) 44.1%

■2020年9月実施 FP2級技能検定試験 合格率

試験 合格率
学科:FP協会 49.19%
学科:キンザイ 33.10%
実技:資産設計提案業務(FP協会) 57.37%
実技:個人資産相談業務(キンザイ) 33.71%
実技:中小事業主資産相談業務(キンザイ) 57.54%
実技:生保顧客資産相談業務(キンザイ) 60.73%
実技:損保顧客資産相談業務(キンザイ) 58.62%

学科、実技の合格率を見ても、FP協会の方が合格率は高めです。
なので会社や学校から選択分野の指定等がなく、どれを受けようか迷ったときはFP協会をおススメします。

ちなみに2級の実技「保顧客資産相談業務」は年に1度、9月のみの実施となっており、受験者数は1000人未満です。
業務でどうしても「保顧客資産相談業務」でなければだめ!という方だけが受験されてます。

まとめ

お金を一切使わず生きていくことは現代社会では非常に難しいです。
その中で、お金について学ぶことで、よりよい生涯設計を行うことができ、安心して暮らすことができます。

また資格を取ることでプライベートからビジネスシーンまで、幅広く活躍することができます。
会社に勤めている方でしたら総務や人事の業務で、税金や社会保険に関する知識が役立でしょう。

お金に関する知識を活用し、独立して金融商品や不動産を扱ったり、有料のコンサルを行っているFPもいます。

さらにその専門知識に関する講演や原稿執筆し、本を出版していることもあります。

難易度としても3級はお金に関する教養面が強いため、1か月~2週間勉強すれば十分合格できる難易度です。
資格として就職や転職にも役立つ2級は、しっかり勉強すれば仕事をしている社会人でも十分合格できる難易度です。

また、どれだけお金に詳しくても他者に示すことはとても難しいです。しかし資格として持つことでその知識量を証明することができ、取引する相手側も安心できる材料の一つとなるでしょう。

プライベートとしても、ビジネスとしてもステップアップの一つとしてファイナンシャルプランナーの資格をぜひ勉強してみましょう!

 

関連記事

ファイナンシャルプランナー(FP)とはお金まわり(年金、貯蓄、資産運用、保険、税金、所得税、貯蓄、資産運用など)についてのエキスパートです。学生から社会人になり、お給料をもらうようになれば税金を納めたり、年金や保険料を納めたりしないといけな[…]

FP3級試験の合格率や難易度は?税金や社会保険について最低限身に着けておきたいお金の基礎知識!
関連記事

ファイナンシャルプランナーの資格もFP2級になると、周囲に一目置いてもらえる資格へステップアップします。 そしてお勤め先の会社でもキャリアップに役立ったり、転職活動でも役立つ非常に優秀な資格です。 しかし、ファイナンシャルプランナー2級から[…]

FP2級 ファイナンシャルプランナー2級の合格率や難易度