キャッシングの借入理由について

キャッシングの借入理由について

多くの方が消費者金融のキャッシングを利用する時には、急な出費や給料前の金欠など時のように、何かしらの理由があると思います。
もっとも、キャッシングを利用する理由が無ければ、そもそもキャッシングを利用する事は無いと思います。
そして、このキャッシングは、すぐに借りたい時には即日キャッシングがあり、店頭窓口に出向かなくても自宅から外出先からネット回線さえあればすぐに申込可能、さらには大手スーパーやコンビニなどの提携ATMの充実により近場での借入が可能など、年々便利になっています。
それに加えて、近年のタレントを起用した消費者金融のCM露出度も徐々に高まってきていますので、その認知度はかなり高くなっていると思われます。
もっとも、いくら便利になっているとはいえ、そこはお金を借りる訳ですから、しっかりとした利用計画を立ててからキャッシングを利用しないと、後々債務が膨らむ可能性がありますので、毎月しっかりとした管理が必要になってきます。
そんな、近年ますます便利になっているキャッシングですが、その借入理由について少し調べてみたので、今回の記事で説明します。

近年の消費者金融利用者の借入理由とは?

過払い金請求によって、一時期低迷していた消費者金融のキャッシングですが、テレビCMや広告などを見ると、近年では再びその勢いを取り戻している感じがありますね。

そんな消費者金融のキャッシングですが、その主な借入理由を調べてみると下記のような結果になりました。

  1. 低収入や収入の減少による生活費・教育費の補填
  2. 商品やサービスの購入
  3. 事業資金の補填
  4. 住宅ローンなど、借金の返済
  5. ギャンブルや遊興費など
  6. 保証や借金の肩代わり
  7. 本人や家族の病気やけがの治療費
この中でも、生活費や教育費の補填が全体の約3割と言われているようです。
もっとも、近年の景気低迷やコロナ渦によって年収がなかなか上がらない、年収が減ってしまったという事がありますので、キャッシングでその穴埋めを行う方が増えているようです。
景気の低迷は、世の中のお金の動きを悪くしますので、結果低所得者層には中々お金が回ってきにくいです。
その補填としてキャッシングを利用していると思われます。
ちなみに、教育費にもキャッシングが利用されている割合が高くなっています。
ですが、これはあまりお勧めできません。というのも、教育費の場合にはキャッシングではなく教育ローンや奨学金制度など、金利が低い融資制度があるためです。
金利の高いキャッシングの場合には、その利息だけで結構な金額になる可能性がありますので、教育費はなるべく教育ローンや奨学金制度の活用をお勧めします。

事業資金の借入

キャッシングの利用目的の1つに事業資金(運転資金)の借入があります。
これは資金回収の見込みがあれば利用するのも1つの方法になります。
ちなみに、銀行のカードローンは事業資金のための借入は出来ません。
また、事業資金で100万円以上の借入を希望される場合には、金利の高いキャッシングよりもビジネスローンの利用をお勧めします。
消費者金融の中には、個人事業主や中小企業をサポートする為の融資(総量規制の対象外)を行っているところがありますので、そういった金融商品を利用してみましょう。