キャッシング審査の在籍確認での流れはこうなります

在籍確認の流れは把握しておいた方が良いです

キャッシング審査では、属性情報や信用情報などから申込者の現在の収入状況や支払い状況、さらには現在及び過去において金融事故情報があるのかないのか?などについて総合的に調査をして審査可否の判断をします。
ですので、基本的に属性や信用情報の調査段階で申込者に何らかの悪い材料が見つかればその時点で審査が終了=審査に落ちる事になります。
ただ、属性や信用情報で特に問題が無かった場合には、
  • 金融機関では申込者が本当に実在しているのか?
  • また本当に申告のあった勤務先へ勤務しているのか?
の在籍確認が行われます。
そして、これは私の過去のキャッシング審査における経験談になりますが、金融機関から本人確認や在籍確認の連絡があった場合には、審査に通った確率がかなり高かったのです。
もっとも、これには個人差があると思いますので、一概にそうとは言い切れません。
それはともかく、金融機関から在籍確認の電話が掛かってきた場合には、落ち着いて対処する事が重要になりますので、今回の記事では在籍確認の流れとちょっとした注意点について説明します。
 

キャッシングの在籍確認の流れ

ここからは、キャッシングの在籍確認の流れとちょっとした注意点について順次説明していきます。
 
基本的には個人名での電話連絡
キャッシング=お金を借りることになり、勤務先での申込者の立場を考えた場合、金融機関名を出してしまうとお金を借りている(借りる)ことが勤務先内にバレてしまう可能性がありますので、基本的に在籍確認の電話では個人名を名乗って電話をします。
そして、在籍確認で申込者本人が出た場合には、そこで初めて金融機関名を名乗ってキャッシングの申込確認を行う=在籍確認が完了となります。
また、在籍確認時に申込者本人が不在の場合には金融機関名は名乗らずに、電話を受けた人に対して○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?と聞いてきます。
その時に、電話を受けた人が○○は現在席を外していますと返答すると、いつ頃会社に戻られますか?と再度確認して、○○時頃には戻りますなどの返答があった場合には、ここで在籍確認が完了となります。
何故なら、この電話の内容で申込者が勤務先に在籍している事が分かるからです。
ちなみに、在籍確認の電話を掛けた時に勤務先の人が、○○はいませんと返答した場合、
  • 申込者が出掛けているのか?
  • そもそも申込者が勤務先にはいないのか?
が分かりませんので、いつ頃会社へ戻ってくるのか?の確認を行います。
 
決して金融機関名や用件は話しません
キャッシングはお金を借りる=デリケートな問題になりますので、金融機関側では在籍確認の際に本人以外の第三者に対しては決して金融機関名や在籍確認だという用件を話す事はありません。
在籍確認で本人以外の第三者が出た場合には、あくまで個人的な用事で電話を掛けた、または仕事の打ち合わせをしたいなどという事にして電話を終わらせます。
というのも、本人以外の第三者に対して○○金融ですがキャッシングの在籍確認をするために電話をしましたなどと話してしまえば、その事実がたちまち申込者の勤務先に知れ渡ってしまいます。
そして、勤務先内での申込者の立場が悪くなってしまうとともに申込者から金融機関に対してクレームが入る可能性があるためです。
もし、あなたが消費者金融のキャッシングに申し込みをした事実が勤務先内に知れ渡ってしまったら、あまり良い気持ちにはなりませんよね?
ですので、金融機関ではそういった配慮もあり申込者本人以外の第三者には自社名や用件を話す事はありません。