キャッシングではスコアリングの詳細はかなり重要になります

キャッシング審査ではスコアリングが重要です

キャッシング審査に限らずカードローン審査やクレジットカード審査でもそうですが、審査の際には申込者が記入した申込書の属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報、さらには金融機関独自の審査基準を総合して審査可否の判断を行っています。
そして、各金融機関では審査をする方によって基準に違いが出ないようにスコアリングと呼ばれている審査方法で審査を行っています。
ただ、あなたはこのスコアリングが何の事だか良く分からないかも知れませんので、今回の記事で説明します。

キャッシング審査におけるスコアリングとは

このスコアリングですが、その名の通り各審査項目に対してスコア=点数を付けていく審査方法になります。
各審査項目に対してあらかじめ決められた点数を付けていけば誰がやっても同じ結果になりますので、このスコアリングは実に理に適っていると言えます。
キャッシング審査では、申込者が今後延滞無く支払いを行ってくれるかが重要になりますので、その目安となる居住形態や年収、勤続年数などの属性情報を点数化する事によって、支払い可能か否かがより明確になってくるのです。
また、このスコアリングでは審査項目を数値化するだけなので、各審査項目ごとに審査人(?)が裁量で審査をするよりもかなりの効率化が図れる事も特徴の1つになります。
金融機関では、当然ながら社員へ給料を支払っているため、業務の効率化が図れればそれだけ業務をこなせる量が増えますので、結果会社への利益にも繋がってくるのですから、業務の効率化は必要不可欠になります。

金融機関によって審査基準は異なる

先程もちらっと説明しましたが、金融機関によって求めている顧客層が異なりますのでキャッシング審査では金融機関によって審査基準が異なっている場合が多々あります。
まあ、審査基準が異なっていますので、A社のキャッシング審査には通ったけど、B社のキャッシング審査には通らなかったなどという話が出てくる事も仕方ありません。
それでは、各金融機関によってどのように審査基準が異なっているのか?についてですが、分かりやすいように下記に表を用意しましたので、まずはそちらをご覧下さい。
属性項目申込者の情報A社B社
年齢35歳5点8点
電話の種類携帯電話5点7点
居住形態持ち家10点10点
居住年数2年5点7点
職業会社員8点7点
役職部長7点8点
年収600万円8点9点
他社借入50万円5点3点
合計点数53点59点
これは、スコアリング表の一例になりますが、各審査項目ごとに点数が異なっているのが分かりますよね?
例えばA社では年齢が35歳で5点なのに対してB社では8点と、B社の方がより高い点数をつけている事が分かります。
逆に、他社借入ではA社が5点なのに対してB社は3点と、A社よりB社の方がより他社借入には厳しい姿勢を取っている事が分かります。
そして、審査ではこのスコアリングの合計点数によって審査に通るか通らないかが決まってくるのです。
そこで、これらスコアリングの点数さえ分かれば審査に通る可能性が高くなりますが、このスコアリング表は金融商品の申込者である私たちが見る事は出来ませんので、この属性だとあの会社は〇点、この会社は〇点などという事を知る事は出来ません。
これは当然と言えばそうなのですが、金融機関の審査基準が申込者に漏れてしまっては審査の意味が無くなってしまいますので、金融機関の審査基準は社内の一部の方しか分からないのです。
ちなみに、スコアリングによっても金融機関が定めている審査基準のボーダーライン上にいる申込者に対しては、金融機関の審査員による裁量によって審査に通るか通らないかが決まります。
つまり、審査に通るか通らないのかは、実際に審査に申し込んでみないと分かりません。
ですので、キャッシング審査に通るためには、自分の属性情報や信用情報を確認して何か問題のある項目については改善してから審査に申し込む必要があります。
問題を改善しないまま審査に申し込んでも通らない可能性が高くなるだけです。